わたしを狂わせた映画選

ノンフィクションな日常生活にはない刺激がアタマを駆け巡る!!!💐

映画「北の桜守」動画DVD(字幕・吹き替え)

   

どもども~💭💓
調子どうですか?💥

(...私はまずまずですw💨)

映画「北の桜守」 無料動画・視聴

ではステキな作品について書いていきますよっ!🤣💫💎

適当にチェックしてみてくださいね~(´ε` )

映画「北の桜守」を視聴できない?でもココなら!

どこも探しても見つからない~~~!!!🙄

できるなら、どうしても気になって今すぐ観たい!😫

そんなときは、やっぱ大手のTSUTAYAディスカスが最後の砦ですね(*^^*)
さんざんアレコレ調査しましたが、それが何だかんだ近道です。

映画「北の桜守」 違法 視聴パンドラ

無料からですし。

なによりデジタルに疎くても親切で、てっとりばやく作品を視聴するにはベストです~🤣

あ、無料後に続けるかどうかはご自由にどぞっ!

▼ 公式サイトへいきます
ツタヤの映像サービス30日間0円!

『言い訳なんていらない。あなたたちが問題を抱えてるのは知っている。人生に課題はつきものよ。

だから、泣き言をいう暇があるなら行動しなさい。
あなたたちが私の目を見てこれが自分にできる全てだって言える時がくるまで私はあなたたちを落第なんてさせない。

あたなたちに勉強させるためなら、毎晩だって家に行くわ。

あなたたちは素晴らしいのよ。私の言うことが分かる?
私にはあなたたちが素晴らしいってことが分かるの。落第生なんかじゃないわ。』 by 映画”フリーダム・ライターズ”

やっぱ王道サービスで観るのがイチバン賢いです

もうさんざん探し回ってこりごり・・・。
結局のところですが、やっぱ王道サービスを使うのがイチバン近道です。

映画「北の桜守」

まぁ違法に無料アップロードされた動画でみつかることも時々あるんですが・・・あれは危険がいっぱい(泣)

海外の無料動画サイトで観ちゃうのは三流

たとえば・・・

YouTubeデイリーモーション...

パンドラやAniTube(サービス停止されました)...

このあたりは許可もなくアップロードされた動画ばかり。

下手したら罰則もあるので、あまり堂々と楽しむのには不向き...

だから無料キャンペーンのうちに、大手TSUTAYAの宅配&動画配信サービスを使うのがベストです😍

もう映画クラスタのあいだでは当たり前になってきていますけど、まだの方はぜひ試しみてくださいね。

▼ 公式サイトへいきます
ツタヤの映像サービス30日間0円!

『過去は終わってしまった、未来はまだこれからどうにでもなる。だから大事なのは現在だ。』 by 映画”ブロークン・フラワーズ”

映画「北の桜守」は本当に面白い?感想レビューまとめ

思いっきり結末がわかるようなネタバレもあったりしますので注意!🤣

でも、みていて面白いですよ(*´ω`*)

映画「北の桜守」 レビュー鑑賞

サラサラ~ッと流し読みでcheckしてみてください💓

国民的女優で犠牲・ギャップ~国民栄誉賞もらえば~
「北の桜守」40点。

もう無理です。「昭和」をひきずるのは。
もう30年も経っています。流れの早い「映画界」では無理です。

「北の三部作(勝手に「東映」が銘打っているんでしょう)」全てがダメでした。全ての脚本の「那須真知子」がダメなんでしょう。

「三部作」だけではなく彼女の出演する作品の多くは、
人の世の「不幸(多くが「戦争」)」・「困難(欲望ゆえに罪を犯される)」・「貧しさ(恵まれていない環境)」の中で、
さらに「厳しい自然・時代条件」の中で、
「虐げられた人々(戦争犠牲者・罪を犯された人・ワケあって偏見を受け差別される人々・社会の下層の人々)」を取り上げ、
「ひたむきに」・「頑張って」・「決して落ちぶれず」・「情がわかり(特に親子の情)」・「(結果的に)くじけず強く」生きていく様子を描き、
多くが「肯定的な」・「決して非難されることのない」結果に落ち着きます。
+「お涙頂戴」的です。
結局=「昭和そのもの」なんです。
つまり=「文科省推薦」的作品ばかりです。

+いつも「キレイキレイ」な「アイドル(「120本」を全てを観たわけではありませんが。恐らく。この年齢になってもやっているんですから)」です。
つまり=「国民的女優」なんです。

したがって、どうしても「記念碑的」な作品になります。
「協力」=「稚内市」「網走市」「ニトリ(社長が「北海道」出身)」「伊藤園(お茶のシーンありました)」他の2つも何らかの関係が?
「特別協力」=「JR東日本」「JR北海道」
「協賛」=「ANA(勿論、飛行機映りました。せこいですが旅費は全てタダ?)」
「宣伝協力」=「宝酒造(お酒)」「LAWSON(「ローチケ」でチケット販売)」
「製作委員会」=「東映(社長があの「アカデミー賞」主催者「岡田裕介(「東映」の元社長の息子で、過去に彼女と共演)」「TV朝日系列(「北海道TV」も入っています)」「朝日新聞社(いかにも好きそう)」「北海道新聞社(オール「北海道」です。後でわかりました「北海度と命名150周年記念」と!)」「博報堂(「電通」があれですので)」などです。
何故こんなに多いんでしょう?また掲示しているんでしょう?

そして、「監督」が最近では「行定勲」「堤幸彦」「滝田洋二郎」「成島出」「阪本順次」「山田洋次」「大林宣彦」「市川崑」(過去にも一杯)と有名監督(食い散らし、多くの「条件・しばり」の中で苦しめて、結果的にその監督らしさを奪った?)ばかりです。

そして、どの作品に於いても「キャスト」の豪華さを言うまでもありません。
選ばれた「スタッフ」も一流でしょう。

どうしてこんなことが可能なんでしょうか?
「記念碑的」「文科省推薦」「国民的女優」だからです。
つまり、「国」「圧倒的多数の国民」によって製作されているのです。「国の花・象徴」である「桜」が散りばめられているのを観てもわかります。

で、作品そのものは「む~ん」でも、彼女の全盛期や支持してくれた人が多い時は良かったんです。
でも今は?ガラガラです。
観衆は圧倒的に「高齢者」です。涙を流されている方もおられます。それはそれでいいんです。昔を懐かしんでおられるんでしょうか。

しかし時が移るのは、「エンターテインメント」「映画」の世界は速いです。次々と時代を先取りして「新しいもの」を産み出していきます。「昭和」が終わって「30年」も経っています。そろそろ…。
「若い人(高齢者以外の全盛期を知らない人)はついて来ていないのでは?「温故知新」もいいですが。昔を懐かしむのもいいですが。それなら別の名優でいいのでは?

多くの「ひと・もの(お金)・こと」が「犠牲」になっています。
もう「引退」されて、静かに「余生」を送られ、死後「国民栄誉賞」を受けられたらいかがでしょう?大変失礼ながら。「映画界」への功績は凄いんですから。

もし作品が素晴らしいものであっても、同じことを言いたいです。
ただ「キレイキレイ」の「アイドル」を脱皮(? 今更?)して、映画の途中まで展開していた「汚れ役(老いぼれていく役や捨てられる役など)」を演じられるのであれば(ラストの舞台のシーンでそれも…)、「観に行こう」という気が起こるかも知れませんが。他の往年の女優のように。もう演じませんね?

さらに多くの(?)レビューに書かれているように、舞台のシーンの必然性です。監督はインタビューで答えています。「実写として描けば具体的悲惨しか伝わらない。抽象化することで心象風景がわかりやすくなる」と。
ここに大きな「ギャップ」が存在します。
私たち多くの(全国津々浦々の)観衆は、「舞台」を鑑賞する機会が実際に(TVなどは別にして)ほとんどありません。舞台の「抽象化」だの、「特色・魅力」など理解していません。突然に「舞台シーン(これまた有名な「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」演出。ついでに主題歌が「小椋佳」)」が映されても戸惑うだけです。
「心象風景」?「舞台」など多くの「エンターテインメント」に触れている「都会」の「通(?)」の「映画人」と、「観客」の間に大きな「ギャップ」が存在することをわかっていません。

この「ギャップ」が「国民的女優」にも言えるのではないでしょうか。
恐らく「吉永小百合」は「スゴイ人」なんでしょう?性格が良くて(「堺雅人」が「謙虚でストイック」と絶賛)、才能があり美しく知的で、「ひたむきに」役に取り組む、まさしく前述の「国民的女優」と呼ばれるのにふさわしい「魅力たっぷり」の人なんでしょう?「何十年にひとり」の逸材なんでしょう?「大スター」なんでしょう?

でも全てに「?」が付きます。
何故なら今の彼女しか知らない世代の観客には、それほどには思えないからです。ガラガラが証明しています。私個人としては演技がうまいとも、美しいとも思えません。
もし多くの「映画人」のように実際に会ったら?「間接的」には一杯見ています。それらしくは感じます。でも「直接会ったがゆえに感じる魅力」についてはわかりません。「スター」と呼ばれる人とは比較にならないほど、会った人たちは魅了されるんでしょう。だからこそこれだけ多くの「映画界・エンターテインメント界」の人々がついてくるんでしょう。

魅了された「映画人・エンターテインメント人」と、その巨大な「+α」がない人との「ギャップ」は、特別な存在の彼女と他の「スター」との違いが顕著過ぎる分、「ファン」でない限りはわかりません。残念ながら。
わかりにくいですか?
圧倒的多数の「スター」とは圧倒的多数の観客は会えません。「番宣」や「SNS」で「素顔」が覗けても。だから「120本」ものある意味「異常な数の作品」を作ってもらえる彼女だからこその「ギャップ」です。

以上、長々と、誠に「エラそう」に申しました。
「神をけなすな!」というクレームも受けますので。

言い換えれば、このままでは
彼女も「国民・昭和という時代」の「犠牲」とも言えます🍀

TV放映で十分です
多くの方が「吉永小百合を観るだけの映画」と仰る通り
あれもこれもと主役以外の設定なりエピソードも断片的に全部描いてしまったことで、桜守の部分がぼやけてしまい、最終的に何を伝えたかったのか観終えた余韻の残らない作品でした。

特に演劇で表現する箇所があり、ラストも演劇とは酷い。
なんで映画観に来てるのにスクリーンで演劇みないといけないのか。劇をみるなら劇場いきますから映画を見せて欲しい。
予算削減の苦肉の策なんだろうかと興ざめでした。

TVドラマ2時間スペシャルのレベルなので映画館へ足を運ぶほどの作品ではないですね

意外とハードコア
勤務先の社長からチケットもらったので鑑賞。『おくりびと』の次が『釣りキチ三平』⁉︎でおなじみ滝田洋二郎監督最新作。樺太からの引き揚げ者一家の戦中、戦後、そして認知症の話。公開規模からあなどっていたが中々のハードコア描写が続き、胸を刺される。ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出による「舞台」という表現で差し込まれるエピソード攻めていて好き。ラストシーンには、泣いた。映画.com

なんともザワザワ・・・
良くも悪くも、人の意見ってさまざまですね・・・

まぁレビューってどんな作品も、どっちかっていうとネガティブに偏りがち。

それでもなんだか、レビューみてるとまた観たくなりますw🤣

パンドラTV 映画「北の桜守」

もちろん、まだ映画「北の桜守」を観ていない方も要チェックです。

TSUTAYAディスカスなら、ほかの作品やジャンル、つまり品揃えが抜群にイイですよ~!

圧倒的オススメ。

私も無料からスタートして、今やヘビーな継続ユーザーです(・∀・)💫💖

▼ 公式サイトへいきます
ツタヤの映像サービス30日間0円!

どんどんリストへ突っ込め!(解約もすんなりです)

映画「北の桜守」のほかにも、気になった作品をどんどんリストに突っ込んでおくと後々便利ですよ!

いざというときは、すぐに解約もネット上でできてしまいます😍

そのあたりの潔さも好感もてますねw

映画「北の桜守」 レンタル視聴

どこかに出かけていって手続きする必要もなく、今すぐ観れて重宝しています(*^^*)

まずは無料キャンペーン中にざ~っとイジってみると、どんな感じか分かると思います。

以上、「映画「北の桜守」動画DVD(字幕・吹き替え)」でした!

『世の中はいつもバラ色じゃない。それなりに厳しく辛い事も待っている。

気を抜いていたらどん底まで落ち込んで二度と這い上がれなくなる。それが人生だ。

人生はどんなパンチよりも重くお前を打ちのめす。だが、どんなにきついパンチだろうと、どれだけこっぴどくぶちのめされようと休まず前に進み続けろ。

ひたすら苦痛に耐え前に進むんだ。その先に勝利がある。』 by 映画”ロッキー・ザ・ファイナル”

1人の時間がすこしでもenjoyできますように。

ありがとうございます🙇


 - 動画選